由良鯛の飼育管理の概要


飼育・健康状態チェックなど履歴(トレーサビリティ)を管理しております


【鯛の育成】
宝水産有限会社では、信頼のおける県内の稚魚の育成会社から、稚魚を購入し、約6cmの体長から成魚になるまで育てます。ひとつのイケスには約1万2000匹の稚魚がおり、体長が大きくなるにつれ、イケスの中を適度な鯛の密度になるように、各網に鯛を分けていきます。水深10mのところで 稚魚から育て、約2年で出荷を迎えます。


【エサ】
給餌シーン鯛には、1日おきに給餌します。鯛の成長段階により、与えるエサも違います。

与えるえさ

与えるエサの種類

← ドライ(固形のエサ):生育段階により内容物や大きさが異なります。


↓モイストペレット(生エサ):栄養剤(ファフィア酵母)、まだい育成用配合飼料、イカナゴやイワシといった小魚、アミエビなどをミキサーで混ぜ合わせた自家製エサ。成魚に与えます。非常に食欲旺盛ですので、エサづくりにはほぼ一日を費やします。

えさ   えさ製造  えさ


【薄飼いをし過密養殖を避けています】
鯛写真ウィルスや伝染病の蔓延を防ぐために過密養殖を避けています。抗生物質は場合に応じて使うこともありますが、現在はほぼ使っておりません。






【専門ソフトによる養殖履歴管理】
専門管理ソフト養殖管理の専門ソフトを導入し、給餌の内容や給餌日、エサの量、匹数管理、健康管理などを行っております。このことにより、万が一イケスの中で異変などがあった場合、問題箇所を究明することができやすくなります。



【網の清掃や修理など】
網にはフジツボや海草などがつきやすく、海中では短期間の周期で掃除を徹底しております。陸上にて破れた網の修理や、海中にもぐっての修理・清掃も定期的におこなっております。
網の修理  網の掃除

<<- 鯛の養殖 

 

 
   
 
(C) Copyright 2004-2012.Takara Suisan All right reserved.
 
商品一覧 由良半島と愛南町の案内HOMEへ戻る ゆら鯛について お問合せ カタログダウンロード お客様のお声 リンク集 個人情報保護ポリシー 特定商取引に基づく表示義務会社概要 カタログダウンロード お問合せフォーム